2018国際食品工業展

6月12日(火)~6月15日(金) 東京ビッグサイト・東1~8ホール 10:00~17:00

FOOMA JAPAN 2019 公式WEBサイト

出展社プレゼンテーションセミナー

出展企業が自社の製品・技術・サービスについて、独自の視点や掘り下げたテーマで説明します。
会場ブースでは得られない詳細な情報やノウハウを入手でき、課題解決やビジネスの新たな展開につなげる有用な機会となります。
日 時 6月13日(水)~6月15日(金)
会 場 607セミナー会場/608セミナー会場(会議棟6階)・東8ホールセミナー会場
募集人数 120
受講申込方法

本サイトにて事前登録してください。

※但し当日空席がある場合は、当日登録受付をする場合もございます。

会場案内

607・608・東8ホール セミナー会場

受講申込方法

  • ① 希望するセミナーの「詳細・申込み」ボタンをクリック
  • ② 受講事前登録フォームよりご登録
  • ③ 当日、「受講事前登録証」にお名刺1枚を添えて、セミナー開始10分前までに会場前受付へご提示ください。
「受講事前登録証」について
「入力内容送信後の完了画面『受講事前登録証』を印刷したもの」または
「登録完了時にメールで送信される『受講事前登録証』をスマートフォン等の端末で表示した画面」
のいずれかを必ずご提示ください。
※事前登録については、こちらをお読みの上、ご登録ください。
特記事項
本セミナー「受講事前登録証」では、展示ホールに入場できません。
東8ホールセミナー会場でのセミナーを受講される方は、本サイトより「来場事前登録」(無料)を行うか、
「FOOMA JAPAN 2018 招待券」をご持参ください。

入場方法はこちらをお読みください。

出展社プレゼンテーションセミナー タイムテーブル

6月13日(水)

607セミナー会場(会議棟6階)

発表時間 プレゼンテーション テーマ 事前登録
10:30~11:15

食品製造・加工(飲料・乳製品)
GEA プロセス エンジニアリング

スプレードライヤのコンピュータ解析設計と最新プロセス制御技術

弊社で取り扱っている食品・乳製品向けスプレードライヤのご紹介と流体力学シミュレーションの設計への活用例や最新のセンサー・分析機器を用いたプロセス制御技術について

終了
11:35~12:20

保管・搬送・移動
エステック

食品搬送に最適!異物混入対策を強化したバケットコンベヤの紹介

チェーンを使用しないバケットコンベヤ(SBP型スネコン)や、ピボットコンベヤの改良型(QBW型スネコン)などを紹介します。食品業界の課題である異物混入に対して有効です。

終了
12:40~13:25

衛生対策・管理
クレオ

人手不足解消、効率化を実現するための洗浄殺菌

衛生管理を強化したいが人手が足りないという課題の解決のために、洗浄を効率化することが重要です。洗浄剤、洗浄機をうまく活用した洗浄方法をご提案いたします。また、最新の「炭酸次亜水生成システム」もご紹介いたします。

終了
13:45~14:30

包装・充填
フジキカイ

ロボットシステムと超音波シール技術による最新包装システム提案

食品業界における省力化において、最新のロボットシステムの採用と最強のシール技術である超音波シール搭載包装機の複合システムで省力・省エネ・省ロス・省資源を実現した最新鋭機をご提案します。

終了
14:50~15:35

鮮度管理・品質保持
前川製作所

食品冷凍のメカニズムとプロセス管理

食品を冷凍する際に生じる現象を氷結晶形成という観点から解説し、また冷凍食品の温度管理に対する新しいアプローチについて紹介します。

終了

608セミナー会場(会議棟6階)

発表時間 プレゼンテーション テーマ 事前登録
11:00~11:45

食品製造・加工(農産物)
ライオンハイジーン

野菜や果物の菌数制御と品位保持の両立!オゾン新洗浄システム

マイクロバブル化したオゾン(MiBO)洗浄システムを活用した多段階洗浄法とその洗浄機について、従来の塩素系洗浄法との比較を交えながらご紹介。また、前工程で用いる異物(虫)除去効果の高い低泡性洗浄剤と、高い生産性を実現する噴霧式ホール洗浄機も工場導入の実例を交えて説明します。

終了
12:05~12:50

設備機器・技術・部品
西村機械製作所

<データ監視と管理>粉粒体製造設備の市場動向と今後

最終商品形態では当たり前となったトレーサビリティ。昨今、製造過程における追跡性にも波及しています。製品→途中経過時点→受入時・・・と管理項目が増える中、紙では補えないデータをパソコン管理し、かつ生産現場へフィードバック可能な監視システムを紹介します。

終了
13:10~13:55

食品製造・加工(食肉・水産物)
なんつね

プロセスセンター・食肉加工場の自動・省人化の今とこれから

加工機械単体の性能は進化していますが、なぜか生産能力が上がらないという悩みを抱えている現場は多いのではないでしょうか?「人手がかかる」工程の省人化無くして、悩みの解決はありません。現在出来る自動化と将来の省人化の可能性につき、弊社の機器も含めてご紹介いたします。

終了
14:15~15:00

原料処理
大川原製作所

「食の安全は加熱殺菌が守ります。」食品原料の殺菌技術と最新動向。

食品原料となる乾燥材料には様々な微生物が付着している。加工工程での大量殺菌は不可能なため、原料段階での殺菌が有効である。過熱蒸気を使った殺菌は、品質劣化も少なく優れた効果がある。技術、事例を交えご紹介します。

終了
15:20~16:05

衛生対策・管理
バーテック

最新異物混入リスクを低減する、衛生・防虫ブラシの事例紹介。

HACCP義務化に役立つ、清掃道具の正しい使い方や管理方法と、ブラシを用いた防虫対策について、実際の食品工場での最新の事例を挙げながらご紹介いたします。

終了

東8ホールセミナー会場(東展示棟8ホール内)

※東8ホールセミナー会場でのセミナーを受講される方は、本サイトより「来場事前登録」(無料)を行うか、「FOOMA JAPAN 2018 招待券」をご持参ください。
本セミナー「受講事前登録証」では展示ホールに入場できませんので、ご注意ください。
発表時間 プレゼンテーション テーマ 事前登録
11:00~11:45

設備機器・技術・部品
HMSインダストリアルネットワークス

停めない保守を実現‐遠隔からの運用監視・管理を簡単に実現

機械の稼働状況を常に把握することで、機械停止の前に予兆を検知し、予防保守を施すことができるようになります。HMS社製 eWON製品群は、インターネットを活用して「はなれた場所」からの稼働状況の把握や予兆検知とEメール等での通知を簡単に実現し、皆様の機械の稼働率向上をお手伝いします。

終了
12:30~13:15

計測・分析・検査
オプテックス・エフエー

賞味期限印字・食品一括表示ラベル印字の不良対策

食品包装上の賞味期限や惣菜・弁当に貼付される食品一括表示ラベルの印字ミスを未然に防ぐには、カメラによる印字検査が欠かせません。リコールの統計情報から具体的な対策までをご紹介します。

終了
13:30~14:15

設備機器・技術・部品
ビュルケルトジャパン

現場が得する!ドイツ本場のIoTをフィールド機器で簡単導入!

食品機械業界でも注目されはじめたIoT。ネットワークやビックデータ処理の話題が多く、実際の現場にどのように生かされるかイメージし難い方も多いのではないでしょうか?ドイツの老舗流体制御機器メーカーのビュルケルトでは、現場視点で地に足の着いたIoT&自動制御導入をご提案いたします。メリットのでるIoT導入を目指しませんか?

終了
14:30~15:15

食品製造・加工(調理食品)
日新加工

加熱初期における真空処理が野菜の品質に及ぼす影響

真空調理、真空冷却機能付 高温高圧調理殺菌機ステリエースVCC型を使用して、野菜類に含まれる栄養素の減少量を抑える効果を具体例を交えて紹介します。

終了

6月14日(木)

607セミナー会場(会議棟6階)

発表時間 プレゼンテーション テーマ 事前登録
10:30~11:15

原料処理
アルファ・ラバル

省スペースで短工期~これからの多重効用エバポレーターのかたち

少ない熱源蒸気で大きな蒸発量という多重効用のメリットはそのままに。共通スキッドに一体搭載のすっきりした外観イメージを裏切らない、省スペースとシンプルな設置工事。CSLや異性化糖工程をはじめ、各種の食品プロセス液の濃縮装置にそのあたらしいかたちをご提案します。

終了
11:35~12:20

包装・充填
ファナック

ファナックロボットの最新技術について

食品製造現場で役立つファナックの最新ロボット技術とその適用事例を、これから導入を検討している方にご紹介します。

終了
12:40~13:25

衛生対策・管理
微酸研

微酸性電解水とその利用

微酸性電解水の最大の特徴は、低い有効塩素濃度でも効果的な殺菌が可能であるため、殺菌対象に与える影響を最少にできることである。

終了
13:45~14:30

原料処理
ツカサ工業

食品粉体の各工程における安全で衛生的な機器設備の紹介

食品粉体の特性や取り扱いに適した機器選定のポイントとは?作業環境を改善し、安全で衛生的なデザインのみならず、コンパクトでスタイリッシュな粉体機器を技術的観点から紹介致します!

終了
14:50~15:35

エンジニアリング・生産流通システム・IT・ITソリューション
キリンエンジニアリング

食品工場の未来を創る ~人手不足時代を切り開く工場建設~

人手不足が懸念される中、食品工場の"省人化"、"省力化"をどの様に実現していくのか、当社の様々な事例をもとに課題解決のヒントをご紹介いたします。

終了

608セミナー会場(会議棟6階)

発表時間 プレゼンテーション テーマ 事前登録
11:00~11:45

エンジニアリング・生産流通システム・IT・ITソリューション
食品施設計画研究所

労働集約型食品施設の計画 やるべきこと、やってはいけないこと

未定

終了
12:05~12:50

設備機器・技術・部品
プライミクス

高速攪拌機を用いた増粘剤の溶解事例

増粘剤は、「液体に溶解、または分散して粘稠性を生じる高分子物質」で、食品工業においては糊料とも呼ばれ製品に粘性や接着性を付与するための食品添加物として広く使用されています。しかし、これらの高分子物質の溶解操作を行う場合には、うまく攪拌を行わなければ、「ダマ」や「ママコ」と呼ばれる、空気を含んだ数mmの未溶解物の塊ができ、一度これらを形成...

終了
13:10~13:55

食品製造・加工(菓子・パン)
マスダック

焼き菓子の生産性向上に!「ヒートプラスのご紹介」

菓子生産の現場では、付加価値向上・働き方改革・コストアップといった様々な課題の解決が求められています。トンネルオーブンにもう一つの熱源として過熱蒸気を加えた焼成ができる「過熱蒸気発生ユニット ヒートプラス」は、品質向上・生産性アップ・省エネ効果が期待できる装置です。ヒートプラスがどのように貢献するのか、特長や実際の効果をまじえてご紹介...

終了
14:15~15:00

衛生対策・管理
国立

毛髪対策を進める上で有効な『ご案内動画』その活用方法について

弊社が行う毛髪対策の『勉強会』で用いている、『動画』を使用しながら、ユーザー様への効果的なご案内方法をご提案します。

終了
15:20~16:05

保管・搬送・移動
不二WPC

粉やフィルムの滑りを向上させる「異物にならない」金属表面処理

金属表面に微細な凹凸をつける事で、接触面積を減らし滑りを向上させます。形状のみで滑らせるので「剥がれない」「異物にならない」安心・安全に使える金属表面処理です。

終了

東8ホールセミナー会場(東展示棟8ホール内)

※東8ホールセミナー会場でのセミナーを受講される方は、本サイトより「来場事前登録」(無料)を行うか、「FOOMA JAPAN 2018 招待券」をご持参ください。
本セミナー「受講事前登録証」では展示ホールに入場できませんので、ご注意ください。
発表時間 プレゼンテーション テーマ 事前登録
11:00~11:45

原料処理
抗酸化食品インダストリアル

殺菌・抗酸化を可能にする過熱水蒸気装置

高出力の高周波誘導加熱を用いることにより、短時間で大量の過熱水蒸気を発生させることを可能にした。この300~400℃に加熱した水蒸気を食品に照射することで、短時間での殺菌が可能になり、また食品は無酸素状態で高温処理されることで、酸化されにくくなるという効果がある。このような食品の長寿命化に貢献する装置について概説する。

終了
12:30~13:15

包装・充填
イシダ

計量制度改正による自動はかりの対応

計量制度改正により、取引・証明に使用する自動はかりは検定に合格していなければならなくなる。本制度改正の最新情報を紹介し、生産現場やメーカーであるイシダが、 今後何を行っていくべきか、何を行わなければならないかを紹介する。

終了
13:30~14:15

設備機器・技術・部品
レッドアンドイエロー

食品グレード潤滑剤、カシーダの活用法と最新動向について

食品グレード潤滑剤を使用しているものの「これで良いのか?」と、お悩みではありませんか?各製品の特性を理解した上で、しっかりと油種を選定すれば期待以上の効果を上げる事も可能です。本セミナーではカシーダの性能や活用法、食品グレード潤滑剤の疑問にお答えします。

終了
14:30~15:15

原料処理
日本アイリッヒ

アイリッヒ製品による撹拌造粒及び粉粒体処理プロセスのご紹介

①混合、造粒、スラリーなど、複数の処理が1台で可能な撹拌造粒機②創業155年のアイリッヒグループが誇る粉粒体処理技術

終了

6月15日(金)

607セミナー会場(会議棟6階)

発表時間 プレゼンテーション テーマ 事前登録
10:30~11:15

エンジニアリング・生産流通システム・IT・ITソリューション
日清エンジニアリング株式会社

食品工場の粉体ハンドリングはおまかせ!「コンテナ・システム」

少量多品種の粉体を取り扱う食品工場において、衛生的な環境を保ちながら、柔軟かつスピーディーに品種切り替えができるコンテナ・システムについて、事例を交えながらご紹介します。

終了
11:35~12:20

原料処理
奈良機械製作所

食品業界で活躍する粉体技術のご紹介(粉砕・乾燥・混合・造粒)

医薬業界の要求仕様にも対応可能な分解洗浄性を追求した粉砕機に加え、粉砕・乾燥・混合・造粒等の粉体処理技術や、簡易的なメンテナンスと優れたシール性を持つ回転機器用軸シール等の新技術について御紹介します。

終了
12:40~13:25

エンジニアリング・生産流通システム・IT・ITソリューション
中央設備エンジニアリング

大量多品種生産を可能とした福祉医療食工場の省力化と効率化

日清医療食品 ヘルスケアフードファクトリー亀岡で導入した事例。1日10万食・365日朝昼夕でメニューが異なるクックチル惣菜工場の省力化や衛生管理事例を紹介します。

終了
13:45~14:30

原料処理
パウレック

商品価値を高める造粒技術~機種ごとの特徴と生産性向上の要点~

粉末食品は造粒することで、様々なメリットを得られます。代表的な事例を挙げて、それらに最適な設備を選択し紹介します。例)溶解性向上、ハンドリング性向上、偏析防止、生産性アップ、少人化

終了
14:50~15:35

衛生対策・管理
エコノス・ジャパン

中小規模施設に最適!可搬式小型炭酸次亜水製造装置 活用のご提案

新製品の「可搬式小型炭酸次亜水製造装置」は蛇口とコンセントがあれば殺菌水が使用できます。食品工場、調理施設だけでなく、商業施設等での殺菌・消臭に活用する事例を紹介。

終了

608セミナー会場(会議棟6階)

発表時間 プレゼンテーション テーマ 事前登録
11:00~11:45

衛生対策・管理
赤門ウイレックス

防虫のプロが見た!改修工事の落とし穴。知るべき3つのポイント

最近、食品企業様から「工場を新しく建てようと考えている」「大規模な改修工事を行う」「新しいラインを増設する」といった工事についての数多くのご相談を頂く場面が増えてきました。せっかく改修するのであれば、どのようなポイントに着目しながら進めていけばよいのか?また、工事期間中の異物混入を防ぐ方法?清浄度の確保?防虫対策?・・・それらの疑問に...

終了
12:05~12:50

食品製造・加工(飲料・乳製品)
日阪製作所

ロングライフチルド食品の殺菌技術紹介と新システム開発の取組み

製品テストや納入実績から知りえた情報をベースに、レトルト殺菌機がロングライフチルド食品の「安心・安全・美味しさ」に対して、どのように活用されているかについて紹介します。

終了
13:10~13:55

衛生対策・管理
ホクエツ

微酸性電解水による食品工場の芽胞菌及びノロウイルス対策と食品活性化の理由

2002年6月に食品添加物に指定され、2012年4月には規格区分が改正された中で希塩酸のみで電気分解した30ppm以上の高濃度の微酸性電解水(微酸性次亜塩素酸水)は、常温で芽胞菌やノロウイルス対策が可能で、食品活性化の理由もわかった。

終了
14:15~15:00

衛生対策・管理
三和建設

既存食品工場のトラブル事例と現場レベルでの改善ポイント

食品工場では結露・室温・エネルギー等に関するトラブルが発生しがちです。食品工場の設計施工を数多く手がけてきた当社が既存工場のトラブルを現場の運営目線で改善してきた事例をご紹介します。

終了
15:20~16:05

設備機器・技術・部品
ナンバ

冷凍機の電気代削減セミナー ~IoTを活用したフロン漏えい対策~

IoTを活用したフロン漏えい検知システム「フロンキーパー」による電気代削減、修理費削減、フロン排出抑制法対策をご提案します。算定漏えい量を超えている企業様、必見です!

終了

閉じる

6月12日(火)

  日本食品工学会フォーラム2018
会議棟6階 605・606セミナー会場

『安全な食品を製造する技術 ~安全で無ければ食品ではない!~』
農業施設学会シンポジウム
会議棟6階 607セミナー会場

『日本を支える物流の革命』
10時台
【10:25~10:30】
開会挨拶
〔(一社) 日本食品工学会〕
【10:30~11:30】
【特別講演】食品殺菌とその効果の評価で問題となる損傷菌 - その本態と蘇生法・抑制法
〔土戸 哲明 大阪府立大学21世紀科学研究機構微生物制御研究センター 運営顧問/客員教授〕
 
11時台
【11:30~12:15】
食品製造現場での微生物検出技術
〔川崎 晋 (国研)農研機構 食品研究部門 上級研究員〕
 
12時台
 
 
13時台
【13:15~13:25】
午後の部 挨拶 〔(一社)日本食品機械工業会〕
【13:25~14:10】
食品製造現場で過酢酸が洗浄剤として採用される理由
〔大越 俊行 伊藤忠ケミカルフロンティア(株)〕
【13:00~13:10】
開会挨拶 〔農業施設学会〕
【13:10~13:50】
物流をとりまく現状と諸課題に関する取り組み
〔鎌田 一郎 国土交通省 総合政策局 物流政策課 企画室 室長〕
【13:50~14:30】
運輸業界における物流の課題と解決に向けた取り組み
〔下簗 亮一 ヤマトグローバルロジスティクスジャパン(株) 国際戦略本部 国際統括担当 課長〕
14時台
【14:10~14:55】
農産物の衛生管理技術
〔内野 敏剛 九州大学 名誉教授〕
【14:40~15:20】
農産物物流の課題と最近の研究成果
〔石川 豊 ( 国研)農研機構本部 企画調整部 研究管理役〕
15時台
【15:10~15:55】
高圧殺菌技術
〔山本 和貴  (国研)農研機構 食品研究部門 ユニット長〕
【15:55~16:40】
プラズマを用いた殺菌技術
〔林 信哉 九州大学大学院 総合理工学研究院 エネルギー理工学部門 教授〕
【15:20~16:00】
加工食品メーカーによる物流関連の連携の動き
〔堀尾 仁 味の素(株) 理事 物流企画部長〕
16時台
【16:40~16:50】
閉会挨拶
〔(一社)日本食品工学会〕
【16:00~16:10】
閉会挨拶
〔農業施設学会〕
原料処理
原料処理
菓子・パン
菓子・パン
食肉・水産
食肉・水産
飲料・乳製品
飲料・乳製品
農産物
農産物
調理食品
調理食品
エンジニアリング・生産流通システム・IT・ITソリューション
エンジニアリング・生産流通システム・IT・ITソリューション
鮮度管理・品質保持
鮮度管理・品質保持
保管・搬送・移動
保管・搬送・移動
計測・分析・検査
計測・分析・検査
衛生対策・管理
衛生対策・管理
設備機器・技術・部品
設備機器・技術・部品
包装・充填
包装・充填

出展企業が自社の製品・技術・サービスについて、顧客ニーズを意識した独自のテーマで詳しく説明する「出展社プレゼンテーションセミナー」のほか、 業界の発展に有益なセミナーや研究発表など各種セミナー・シンポジウムを開催します。
新たなビジネスや研究開発のヒントに、最先端の情報収集に、ぜひご参加く ださい。

6月13日(水)

  出展社プレゼンテーション
セミナー
会議棟6階 607セミナー会場
出展社プレゼンテーション
セミナー
会議棟6階 608セミナー会場
出展社プレゼンテーション
セミナー
東8ホールセミナー会場
EHEDGセミナー
会議棟6階 605・606セミナー会場

『食品工場の立地、 レイアウト及び設計』
AIB FOOMA特別講演会
会議棟6階 605・606セミナー会場

『日本料理研究の 最前線からの報告』
FOOMAビジネスフォーラム
会議棟1階 レセプションホールA
10時台
飲料・乳製品 【10:30~11:15】
スプレードライヤのコンピュータ解析設計と最新プロセス制御技術
〔GEA プロセス エンジニアリング〕
 
 
【10:30~12:00】
講演
Knuth Lorenzen 〔EHEDG 前会長〕
通訳:逐次通訳
 
 
11時台
保管・搬送・移動 【11:35~12:20】
食品搬送に最適!異物混入対策を強化したバケットコンベヤの紹介
〔エステック〕
農産物 【11:00~11:45】
野菜や果物の菌数制御と品位保持の両立!オゾン新洗浄システム
〔ライオンハイジーン〕
設備機器・技術・部品 【11:00~11:45】
停めない保守を実現ー遠隔からの運用監視・管理を簡単に実現
〔HMSインダストリアルネットワークス 〕
 
12時台
衛生対策・管理 【12:40~13:25】
人手不足解消、効率化を実現するための洗浄殺菌
〔クレオ〕
設備機器・技術・部品 【12:05~12:50】
<データ監視と管理>粉粒体製造設備の市場動向と今後
〔西村機械製作所〕
計測・分析・検査 【12:30~13:15】
賞味期限印字・食品一括表示ラベル印字の不良対策
〔オプテックス・エフエー〕
【12:00~12:30】
質疑応答
 
13時台
包装・充填 【13:45~14:30】
ロボットシステムと超音波シール技術による最新包装システム提案
〔フジキカイ〕
食肉・水産 【13:10~13:55】
プロセスセンター・食肉加工場の自動・省人化の今とこれから
〔なんつね〕
設備機器・ 技術・部品 【13:30~14:15】
現場が得する!ドイツ本場のIoTをフィールド機器で簡単導入!
〔ビュルケルトジャパン〕
 
 
14時台
鮮度管理・ 品質保持 【14:50~15:35】
食品冷凍のメカニズムとプロセス管理
〔前川製作所〕
原料処理 【14:15~15:00】
「食の安全は加熱殺菌が守ります。」食品原料の殺菌技術と最新動向。
〔大川原製作所〕
調理食品 【14:30~15:15】
加熱初期における真空処理が野菜の品質に及ぼす影響
〔日新加工 〕
 
【14:00~15:30】
講演
山崎 英恵 〔龍谷大学 農学部 食品栄養学科 准教授 食の嗜好研究センター 副センター長〕
15時台
 
衛生対策・管理 【15:20~16:05】
最新異物混入リスクを低減する、衛生・防虫ブラシの事例紹介。
〔バーテック〕
 
 
 
16時台
           
17時台
         
【17:00~18:30】
「あなたが変われば、世界が変わる! ~体当たりで挑んだ経営改革と業績回復までの奮闘の軌跡~」
石渡 美奈 氏
〔ホッピービバレッジ株式会社 代表取締役社長〕
原料処理
原料処理
菓子・パン
菓子・パン
食肉・水産
食肉・水産
飲料・乳製品
飲料・乳製品
農産物
農産物
調理食品
調理食品
エンジニアリング・生産流通システム・IT・ITソリューション
エンジニアリング・生産流通システム・IT・ITソリューション
鮮度管理・品質保持
鮮度管理・品質保持
保管・搬送・移動
保管・搬送・移動
計測・分析・検査
計測・分析・検査
衛生対策・管理
衛生対策・管理
設備機器・技術・部品
設備機器・技術・部品
包装・充填
包装・充填

出展企業が自社の製品・技術・サービスについて、顧客ニーズを意識した独自のテーマで詳しく説明する「出展社プレゼンテーションセミナー」のほか、 業界の発展に有益なセミナーや研究発表など各種セミナー・シンポジウムを開催します。
新たなビジネスや研究開発のヒントに、最先端の情報収集に、ぜひご参加ください。

6月14日(木)

  出展社プレゼンテーションセミナー
会議棟6階 607セミナー会場
出展社プレゼンテーションセミナー
会議棟6階 608セミナー会場
出展社プレゼンテーション
セミナー
東8ホールセミナー会場
美味技術学会シンポジウム
会議棟6階 605・606 セミナー会場

『美味しさを評価するための 最新テクノロジー』
10時台
原料処理 【10:30~11:15】
省スペースで短工期~これからの多重効用エバポレーターのかたち
〔アルファ・ラバル〕
 
 
【10:20~10:30】
開会挨拶
〔美味技術学会/(一社)日本食品機械工業会〕
【10:30~11:15】
「毎日の料理を楽しみに」 Cookpad のビッグデータを活用したマーケティング/商品開発
〔村上 雅洋 クックパッド(株) 企画・データグループ グループ長/アナリスト〕
11時台
包装・充填 【11:35~12:20】
ファナックロボットの最新技術について
〔ファナック〕
エンジニアリング・生産流通システム・IT・ITソリューション 【11:00~11:45】
労働集約型食品施設の計画 やるべきこと、やってはいけないこと
〔食品施設計画研究所 〕
原料処理 【11:00~11:45】
殺菌・抗酸化を可能にする過熱水蒸気装置
〔抗酸化食品インダストリアル 〕
【11:15~12:00】
味覚センサ開発の現状と活用事例
〔内藤 悦伸 ( 株)インテリジェントセンサーテクノロジー 常務取締役 営業部 本部長〕
12時台
衛生対策・ 管理 【12:40~13:25】
微酸性電解水とその利用
〔微酸研 〕
設備機器・ 技術・部品 【12:05~12:50】
高速攪拌機を用いた増粘剤の溶解事例
〔プライミクス〕
包装・充填 【12:30~13:15】
計量制度改正による自動はかりの対応
〔イシダ〕
13時台
原料処理 【13:45~14:30】
食品粉体の各工程における安全で衛生的な機器設備の紹介
〔ツカサ工業〕
菓子・パン 【13:10~13:55】
焼き菓子の生産性向上に!「ヒートプラスのご紹介」
〔マスダック〕
設備機器・ 技術・部品 【13:30~14:15】
食品グレード潤滑剤、カシーダの活用法と最新動向について
〔レッドアンドイエロー〕
【13:00~13:45】
穀粒判別器の開発および米外観品質と食味の関係
〔石突 裕樹 ( 株)サタケ 技術本部 選別・計測グループ グループ長〕
【13:45~14:30】
「ニオイ」を測る ~ 最先端嗅覚IoT センサの現状と産学官連携による標準化
〔吉川 元起 ( 国研)物質・材料研究機構(NIMS) 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(WPI-MANA) グループリーダー〕
14時台
エンジニアリング・生産流通 システム・IT・ITソリューション 【14:50~15:35】
食品工場の未来を創る~人手不足時代を切り開く工場建設~
〔キリンエンジニアリング〕
衛生対策・管理 【14:15~15:00】
毛髪対策を進める上で有効な『ご案内動画』その活用方法について
〔国立〕
原料処理 【14:30~15:15】
アイリッヒ製品による撹拌造粒及び粉粒体処理プロセスのご紹介
〔日本アイリッヒ〕
【14:30~15:15】
微生物を用いた化学物質識別デバイスの開発と味判定の可能性
〔田中 裕人 ( 国研)情報通信研究機構 フロンティア創造総合研究室 主任研究員〕
15時台
 
保管・搬送・移動 【15:20~16:05】
粉やフィルムの滑りを向上させる「異物にならない」金属表面処理
〔不二WPC〕
 
【15:15~16:00】
AI と作る美味しさの可能性 〔山本 康高 日本電気(株) エキスパート〕
16時台
 
 
 
【16:00~16:10】
閉会挨拶 〔美味技術学会〕
原料処理
原料処理
菓子・パン
菓子・パン
食肉・水産
食肉・水産
飲料・乳製品
飲料・乳製品
農産物
農産物
調理食品
調理食品
エンジニアリング・生産流通システム・IT・ITソリューション
エンジニアリング・生産流通システム・IT・ITソリューション
鮮度管理・品質保持
鮮度管理・品質保持
保管・搬送・移動
保管・搬送・移動
計測・分析・検査
計測・分析・検査
衛生対策・管理
衛生対策・管理
設備機器・技術・部品
設備機器・技術・部品
包装・充填
包装・充填

出展企業が自社の製品・技術・サービスについて、顧客ニーズを意識した独自のテーマで詳しく説明する「出展社プレゼンテーションセミナー」のほか、 業界の発展に有益なセミナーや研究発表など各種セミナー・シンポジウムを開催します。
新たなビジネスや研究開発のヒントに、最先端の情報収集に、ぜひご参加ください。

6月15日(金)

  出展社プレゼンテーションセミナー
会議棟6階 607セミナー会場
出展社プレゼンテーションセミナー
会議棟6階 608セミナー会場
農業食料工学会シンポジウム
フードテクノロジー(フーテック)フォーラム
会議棟6階 605・606 セミナー会場

『農産物・食品の加工・保存・流通の要, 微生物コントロールの最前線』
10時台
エンジニアリング・生産流通 システム・IT・ITソリューション 【10:30~11:15】
食品工場の粉体ハンドリングはおまかせ!「 コンテナ・システム」
〔日清エンジニアリング〕
 
【10:20~10:30】
開会挨拶
〔農業食料工学会/(一社)日本食品機械工業会〕
【10:30~11:15】
最近の食中毒事情と食品の微生物安全性確保の取り組み
〔川本 伸一 (公財)日本食品科学工学会 専務理事/農研機構 食品研究部門 客員研究員〕
11時台
原料処理 【11:35~12:20】
食品業界で活躍する粉体技術のご紹介(粉砕・乾燥・混合・造粒)
〔奈良機械製作所〕
衛生対策・ 管理 【11:00~11:45】
防虫のプロが見た!改修工事の落とし穴。知るべき3つのポイント
〔赤門ウイレックス〕
【11:15~12:00】
農産物・食品の殺菌技術と品質保証技術に関する知見
〔濱中 大介 鹿児島大学農学部 准教授〕
12時台
エンジニアリング・生産流通 システム・IT・ITソリューション 【12:40~13:25】
大量多品種生産を可能とした福祉医療食工場の省力化と効率化
〔中央設備エンジニアリング〕
飲料・ 乳製品 【12:05~12:50】
ロングライフチルド食品の殺菌技術紹介と新システム開発の取組み
〔日阪製作所〕
 
13時台
原料処理 【13:45~14:30】
商品価値を高める造粒技術~機種ごとの特徴と生産性向上の要点~
〔パウレック〕
衛生対策・ 管理 【13:10~13:55】
微酸性電解水による食品工場の芽胞菌及びノロウイルス対策と食品活性化の理由
〔ホクエツ〕
【13:00~13:45】
プラズマ機能水を用いた農水産物・食品の殺菌
〔林 信哉 九州大学大学院 総合理工学研究院 教授〕
【13:45~14:30】
微生物の動態とコントロールについて
〔内野 昌孝 東京農業大学 生命科学部 教授〕
14時台
衛生対策・ 管理 【14:50~15:35】
中小規模施設に最適!可搬式小型炭酸次亜水製造装置 活用のご提案
〔エコノス・ジャパン〕
衛生対策・ 管理 【14:15~15:00】
既存食品工場のトラブル事例と現場レベルでの改善ポイント
〔三和建設〕
【14:40~15:25】
HACCP義務化に対応した予測微生物学の活用方法
〔小関 成樹 北海道大学大学院 農学研究院 准教授〕
15時台
 
設備機器・ 技術・部品 【15:20~16:05】
冷凍機の電気代削減セミナー ~IoTを活用したフロン漏えい対策~
〔ナンバ〕
【15:25~15:35】
閉会挨拶〔農業食料工学会〕
16時台
     
原料処理
原料処理
菓子・パン
菓子・パン
食肉・水産
食肉・水産
飲料・乳製品
飲料・乳製品
農産物
農産物
調理食品
調理食品
エンジニアリング・生産流通システム・IT・ITソリューション
エンジニアリング・生産流通システム・IT・ITソリューション
鮮度管理・品質保持
鮮度管理・品質保持
保管・搬送・移動
保管・搬送・移動
計測・分析・検査
計測・分析・検査
衛生対策・管理
衛生対策・管理
設備機器・技術・部品
設備機器・技術・部品
包装・充填
包装・充填

出展企業が自社の製品・技術・サービスについて、顧客ニーズを意識した独自のテーマで詳しく説明する「出展社プレゼンテーションセミナー」のほか、 業界の発展に有益なセミナーや研究発表など各種セミナー・シンポジウムを開催します。
新たなビジネスや研究開発のヒントに、最先端の情報収集に、ぜひご参加ください。

All Right Reserved. Copyright (c) Secretariat of FOOMA JAPAN