新型コロナウイルス
感染症対策について

2020年4月1日更新

新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症拡大に備え、「FOOMA JAPAN 2020 大阪」では、展示会開催期間中、政府の指針に基づき、また展示会場施設であるインテックス大阪と連携し、以下の対策を実施します。

対策内容

  • 咳エチケットへの配慮とマスク着用のお願い
  • 手のアルコール消毒液の設置
    (入場口および展示会場内、セミナー会場入口、ラウンジスペースなど)
  • 体温検知用サーモグラフィーの設置
  • 感染への注意喚起を促す掲示板設置とアナウンスの実施
  • 開放可能なシャッターの半開により換気、ならびに空調の活用
  • 発病者の看護・隔離用待機場所の設置 など

FOOMA JAPAN運営事務局では、随時最新情報を入手し、追加対策を講じて参ります。
また、状況変化に伴う対策ならびに決定事項につきましては、確定次第、随時本公式WEBサイトにてご案内いたします。

厚生労働省ホームページ「新型コロナウイルス感染症について」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について(内閣官房)
http://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html