2019国際食品工業展

7月9日(火)-7月12日(金) 東京ビッグサイト・東1-8ホール 10:00-17:00

FOOMA AP賞 受賞者発表

FOOMA AP(アカデミックプラザ)賞は、「FOOMA JAPAN(国際食品工業展)」における「アカデミックプラザ」において、ポスターセッションにより発表された研究を対象とし、選考に当たっては下記項目等を基準とする。

(1)新商品の開発に役立つ内容か
(2)従来製品の改良に役立つ内容か
(3)将来の技術開発に役立つ内容か
(4)最新技術の情報であるか
(5)共同研究の対象として考えられるか
(6)APの発展に貢献しているか
(7)ポスターの内容がわかりやすい表現であったか

一般社団法人 日本食品機械工業会技術委員、アカデミックプラザの来場者(主として企業人)、参加研究室の各代表による投票結果を基に、獲得ポイントが多かった発表(複数可)に対して授与され、発表は会期3日目(7月11日)夕刻開催のAP交流会において行われた。

写真:受賞者発表

FOOMA AP賞受賞研究機関一覧

AP賞 グランプリ

研究機関名 高知工業高等専門学校・ソーシャルデザイン工学科
Department of Social Design Engineering, National Institute of Technology, Kochi College
テーマ 食品分野に生かせるファインバブル技術 !
Application of fine bubble technology in the food industry

AP賞 準グランプリ

研究機関名 北海道大学 大学院 農学研究院 食品加工工学研究室
Agricultural and Food Process Engineering Laboratory, Graduate School of Agricultural Science, Hokkaido University
テーマ 目で見てわかる温度の変化:農畜水産物の生産流通における積算温度インジケータの活用
Temperature change at a glance: Application of Time Temperature Integrator/Indicator from farm to table

AP賞

来場者評価部門

研究機関名 立命館大学 理工学部 ロボティクス学科 ソフトロボティクス研究室
Soft Robotics Lab., Dept. Robotics, College of Science and Engineering, Ritsumeikan Univ.
テーマ 食品の粘弾性特性の非接触計測
Non-contact Viscoelasticity Measurement of Food Materials

研究者評価部門

研究機関名 明治大学 農学部 農芸化学科 食品工学研究室
Food Engineering Lab., Dept. of Agricultural Chemistry, MEIJI Univ.
テーマ クリーミー食感のテクスチャマッピング
~破壊過程に着目した食感発現メカニズムの見える化~
Food Texture Mapping for Creaminess
~ Visualization of Texture Expression Mechanism Focusing on Fracture Process ~

出展社評価部門

研究機関名 山形大学 農学部 食料生命環境学科 生産機械研究室
佐賀大学 理工学部 理工学科 メカニカルデザインコース
Agricultural Machinery and Process Engineering Laboratory,Department of Food, Life, and Environmental Science, Faculty of Agriculture, Yamagata University
Department of Mechanical Engineering, Faculty of Science and Engineering, Saga University
テーマ ベニバナの生産管理ロボットの開発
Development on safflower field management robot

All Right Reserved. Copyright (c) Secretariat of FOOMA JAPAN