2018国際食品工業展

6月12日(火)~6月15日(金) 東京ビッグサイト・東1~8ホール 10:00~17:00

FOOMA JAPAN 2019 資料請求

研究概要

食品工業における気相滅菌工程と液相殺菌工程の基盤となる衛生管理システムの開発

研究機関名

首都大学東京 東京都立産業技術高等専門学校
ものづくり工学科 高専品川キャンパス 化学研究室 (田村研究室)

代表者

田村 健治

本研究の主旨

近年、家畜伝染病やヒト感染症による被害が多発・広域化している。食品工業および関連分野においては、病原性大腸菌やノロウィルスなどに対する強力で有効な滅菌・殺菌の方法が求められている。また、食品や食材などが対象となる場合には、物理的滅菌・殺菌法の適用が困難な場合も多く、化学的滅菌・殺菌法が採用される頻度が高い。しかしながら、化学的殺菌法においては、安全性が高く、低蓄積性物質を用いる人畜無害な滅菌・殺菌剤を用いる必要がある。
 本報では、食品工業および関連分野における滅菌・殺菌工程を支援する装置システムとして以下の2方式の開発を推進している。すなわち、①滅菌状態を維持するための定期的保守メンテナンス時に稼働させる、あるいは感染症などによる不測の事故などが発生した際の事後処理(管理区域に対する無菌状態への復帰)として緊急時に稼働させる気相法滅菌システム(N2O4−NO2系ガス)、ならびに②平常時の衛生管理に稼働させる液相法殺菌システム(高精度流体制御法由来HClO水溶液)の開発を行ったので、これらの概要について報告する。また、製造ラインやクリーンルームなどの空間滅菌と食材・食器・作業従事者などの殺菌・消臭といった衛生管理への適用方法についても併せて報告する。

All Right Reserved. Copyright (c) Secretariat of FOOMA JAPAN