2019国際食品工業展

7月9日(火)-7月12日(金) 東京ビッグサイト・東1-8ホール 10:00-17:00

研究概要

各種要素技術の組み合わせによる食品加工の効率化・高品質化

研究機関名

農研機構 食品研究部門 食品加工流通研究領域 食品製造工学ユニット
農研機構 野菜花き研究部門 野菜病害虫・機能解析研究領域 品質機能ユニット

代表者

岡留 博司 (オカドメ ヒロシ)

本研究の主旨

本研究ユニットでは、食品の安全・安心に対する関心の高まりや、環境負荷の低減・省エネルギー対策、国内農産物・加工食品の輸出促進といったニーズに対応するために、青果物、米飯、米粉等の粉粒状食品など幅広い食品素材について、加熱・乾燥・冷凍等の工学的単位操作、あるいはその組み合わせである食品加工プロセスの改善による加工食品の高品質化・加工の高効率化を行うとともに、研究成果の社会還元、実用化を目指している。本発表では、加熱、冷凍、乾燥、粉砕、造粒等の工学的な手法を用いた食品の新たな加工技術について研究紹介を行なう。
具体的には、
①表面加工技術による玄米の食感の改善や乾式微粉砕による米粉の分散性の改善等の米の粉粒食加工技術の応用例
②酒米搗精米粉糖化物の有効利用法
③青果物のマイクロ波減圧乾燥における予備凍結処理による試料変形および乾燥速度の改善
について発表する。

All Right Reserved. Copyright (c) Secretariat of FOOMA JAPAN