2019国際食品工業展

7月9日(火)-7月12日(金) 東京ビッグサイト・東1-8ホール 10:00-17:00

出展社情報

株式会社なんつね

南2D-31

出展製品

  • 鶏肉袋自動開封・脱水機 Air鶏
  • 自動パック盛付け機 FOOMA JAPAN 初披露
  • 3D定量スライサー リブラ165C
  • チョップカッター BOON-360SPⅡ
  • ミートロボ クロノスⅡ NS-330 FOOMA JAPAN 初披露

みどころ

食品加工業界の先頭で不可能に挑戦し続けてきたなんつねが、創業90年のノウハウを結集して“GENBAダイエット”をキャッチフレーズに、食品工場の設計から店舗のキッチンスペースまで、現場を知るトップメーカーの視点で省人化を実現します。
本展示会初登場の新製品を含む、食のプロセス全体で省人化できる製品の展示・実演を予定しております。

ブース番号

南2D-31  ※ブース番号をクリックすると、ブースマップが開きます。

出展製品ニュース

オレヘン+ジュピターⅡ
貴方がお使いのスライサーに自動盛り付け機能を追加! FOOMA JAPAN 初披露
オレヘン+ジュピターⅡ

これまで人手でしか行えないと思われていたスライス肉のトレイ盛り付けを自動化!
既存スライサーに組み合わせが可能なので、新たなスライサーへの買い替えは不要!

  • 分野

    食品製造・加工(食肉・水産物)/エンジニアリング・ロボット・IoT

  • 実演

    一日4回デモンストレーションを実施します。(体験可)

鶏肉袋自動開封・脱水機『Air鶏(エアーケイ)』
異物混入から守り、大量の鶏肉袋を自動で開封・ドリップ除去!
鶏肉袋自動開封・脱水機『Air鶏(エアーケイ)』

鶏肉に一度も手を触れずに開封から脱水まで自動で行います。
開封後すぐにトレイに盛り付けできるので鮮度劣化を抑止するほか、人手を介さないため異物混入リスクも大幅に低減。
一連の作業の自動化によって作業負担を大幅に抑え、省人化を図りながら生産効率を向上させることができる。
今回は機械への投入作業をロボットアームが担う省人化ラインとしてご提案いたします。

  • 分野

    原料処理/食品製造・加工(食肉・水産物/調理食品/その他食品)/鮮度管理・品質保持/衛生対策・管理/設備機器・技術・部品

  • 実演

    ブースにて実際に鶏肉袋の開封、脱水デモンストレーションを実施致します。

企業情報

主な取扱製品・技術・サービスなど なんつねは、1929年の創業以来、食品機械を創り続け、Japan's No.1 Slicerメーカーとして、ミートスライサーからチョップカッター、最新鋭の3Dポーションスライサーに至るまで開発の先鞭をつけると共に、お客様の期待に応えられる最高品質の製品やサービスを提供するように心掛けています。
住所 〒583-0008
大阪府藤井寺市大井4-17-41
TEL 072-939-1500
FAX 072-939-1504
E-mail info@nantsune.co.jp
URL

出展社一覧に戻る

All Right Reserved. Copyright (c) Secretariat of FOOMA JAPAN