2018国際食品工業展

6月12日(火)~6月15日(金) 東京ビッグサイト・東1~8ホール 10:00~17:00

FOOMA JAPAN 2019 資料請求

出展社情報

ウインクレル株式会社

1N-18

出展製品

ザイデルマン社製サイレントカッターグラインダー、パティン社製ポリバッグポリセッター、SPX社製掻き取り式熱交換器保守部品、ハンスブルナー社製チョコレートモールド。

みどころ

ザイデルマン社は、汎用性の高いカッター/グラインダーを展示・実演し、新しい製造方法を提案します。
パティン社は、ポリバッグセッターを展示・実演し、流し込み充填機と共に完全自動化ラインを提案します。
SPX社ゲーセンベルクシュレーダーより掻き取り式熱交換器の保守部品を展示します。

ブース番号

1N-18  ※ブース番号をクリックすると、ブースマップが開きます。

出展製品ニュース

全自動ポリバックセッター 「パティン FLEXIM-31」
幅広い製品ラインナップに対応した様々なタイプの容器に合わせてポリバッグを自動製袋・装着します。 FOOMA JAPAN 初披露

様々なタイプの容器に合わせてポリバッグのフィルムをリールから供給する事により、ランニングコストを約30%抑えることが出来ます。またタッチパネルからの操作により色々なフォーマットに変更する事が可能です。

  • 分野

    包装・充填/設備機器・技術・部品

  • 実演

    パティンFLEXIM-31で、ポリ袋が箱に超高速に、且つ箱サイズに対してフレキシブルに自動装填される様子を、随時お見せします。
    同時に、箱の組立から充填までのラインをビデオ上映にて提案いたします。

菓子原料加工用カッター、グラインダー 「ザイデルマン K64」
菓子・乳製品原料の加工工程に、他業界の技術を利用した高効率のプロセスを提案します。 FOOMA JAPAN 初披露

複数の異なった装置を使用し製造・加工している菓子(チョコレート、ナッツ等)ならびに乳製品の製造・加工工程を1台の装置で対応する可能性を提案します。原料投入から排出まで連続生産化も可能。

  • 分野

    原料処理/食品製造・加工(菓子・パン)

  • 実演

    ザイデルマンK64の実機を用いて、原料加工分野における、全く新しい画期的なプロセスを紹介するデモンストレーションを行います。
    装置に原料を投入し、粉砕、混練、排出までの工程を1台で行います。
    また、各種材料を実際に加工する様子をビデオ上映します。

企業情報

主な取扱製品・技術・サービスなど ウインクレルは、今から130年前に横浜で設立されたドイツ系商社です。当初は広範囲にわたる消費者向け製品の輸出を事業として参りましたが、ここ45年は機械装置とプラント機器等の輸入事業に集約しています。
住所 〒231-0032
神奈川県横浜市中区不老町3-12-5 下山関内ビル2階
TEL 045-681-0101
FAX 045-641-6946
URL

共同出展社

共同出展社名 ザイデルマン社
住所 Holderinstrasse 9, 70174 Stuttgart, Germany
TEL +49-711-4900900
FAX +49-711-49009090
共同出展社名 パティン社
住所 Hoge Hul 2, 8000 Brugge, Belgium
TEL +32-50-450480
共同出展社名 エスピーエックス フローテクノロジー コペンハーゲン社
住所 Oestmarken 10 D-2860 Soeborg, Denmark
TEL +45-70-278222
共同出展社名 ハンスブルナー社
住所 Hans-Brunner-Straße 1, 85625 Glonn, Germany
TEL +49 8093 90860

出展社一覧に戻る

All Right Reserved. Copyright (c) Secretariat of FOOMA JAPAN