製品情報

生産設備データを活用した品質安定化と不良品発生率低減

飲料生産設備から取得したエッジデータのITシステムへの受け渡しからAI活用までの一連の流れをデモにてご紹介いたします。

FOOMA JAPAN 初披露

製品・技術・サービスの概要

Edgecross食品製造WG参加企業メンバによるユースケースデモです。

本ユースケースでは、製品品質の安定と不良品発生を防ぐ等の課題解決をテーマに参加企業メンバのソリューションを組み合わせたデモを展示します。

製品の特長

製品特長① Edgecross基本ソフトウェアはエッジコンピューティング領域のソフトウェアプラットフォームです。Edgecrossを使うことで生産現場のあらゆるデータを収集し、多種多様なアプリケーションやITシステムを活用することが可能となります。
製品特長② 三菱電機のSCADAソフトウェア 「GENESIS64™」× 産業用PC 「MI2000」にて、データを一元管理するモニタリングシステムで現場の負担軽減します。
製品特長③ ブレインズテクノロジーの異常検知ソリューション「Impulse」にて、AIで設備異常や不良品の早期 発見と要因分析が可能となります。
製品特長④ アマゾンウェブサービスジャパンの「AWS for Industrial」にて、機械学習で外観検査・異常検知、ブロックチェーン技術でデータ改ざん防止します。
製品特長⑤ 日本電技のIoT技術で食品工場のDXを実現するデータ分析ソリューションにて、複雑な各工程データを収集・分析・診断、製品品質管理、装置・設備の予知保全を実現します。
出展社ページへ戻る