製品情報

小文字用インクジェットプリンタ VJ1880

【大量の印字でもコストを抑える】ためのプリンタ - インクジェットの溶剤消費量が気になる企業様へお勧めです

製品カタログあり
FOOMA JAPAN 初披露
新製品

製品・技術・サービスの概要

【食品メーカー様の心強い味方。現場の手間もコストも抑えます】

・賞味期限、製造番号などの印字に
・パウチ、PETボトル、紙箱、缶など、多種多様な食品容器に対応
・対応ライン速度は最高334メートル/分
・印字ヘッドのインク詰まりを予防(インク堆積センサーとオートリンス機能を搭載)
・業界最少クラスの溶剤消費量(3.5ml/hr)で手間とランニングコストを削減

製品の特長

製品特長① 【大容量のカートリッジに対応】インク・メークアップ(溶剤)ともに1000mlのカートリッジをセット可能。交換の手間を減らすことができます。
製品特長② 【溶剤消費量を抑える設計】1時間当たりの溶剤消費量は約3.5mlと少なく、長時間の稼働に適しています。24時間の生産を行われているメーカー様にもご利用いただき易く、コストを抑えることができるプリンタです。
製品特長③ 【オートリンス機能搭載】インクを回収する「ガター」周辺はインク汚れが溜まるため清掃が必要とされる部分。VJ1880には汚れ具合を検知するインク堆積センサ―を搭載。清掃時にはボタンを押すだけで清掃が始まる「オートリンス機能」をご利用いただけます。
製品特長④ 【予防メンテナンスが簡単】インクジェットプリンタは、ヘッド部分の清掃以外にもインクフィルターの定期的な交換が必要。VJ1880はフィルター内蔵のモジュールをお客様ご自身で簡単に交換いただけます。(所要時間10分程度)
製品特長⑤ 【起こり得るトラブルを予測】VJ1880に搭載のMAXIMiZE(マキシマイズ)機能がプリンタの状態を監視。正常な値を逸脱するとタッチパネル上にエラー内容と改善方法を表示します。
出展社ページへ戻る