製品情報

ジュール加熱殺菌・調理装置

次世代型加熱方式
二酸化炭素排出削減
急速加熱で熱履歴を抑制し熱処理に依る品質劣化を低減
低粘性飲料~ポテトサラダ・ゴボウサラダや惣菜パン用フィリング等の高粘性固形含有食品まで幅広く連続加熱処理

製品カタログあり

製品・技術・サービスの概要

“次世代型の加熱・殺菌・調理方式”~通電加熱で急速加熱~“二酸化炭素排出削減の一手”

ジュール加熱殺菌装置は、低~高粘性食品を急速且つ、均一に加熱することが出来ます。熱媒を用いる加熱装置では加熱しにくい食品でも、30秒~1分程で加熱します。急速加熱する事で食材の【色味・風味、食感】が、変質・劣化することなく、加熱以前の状態に保つことが出来ます。ジュール加熱管は小容積で急速に加熱出来るため歩留まりが良く、生産効率の向上にも繋がり、省人化・省スペースにも貢献できます。

製品の特長

製品特長① “通電・急速加熱”ジュール加熱方式とは、食品に直接電気を流すことにより、流れた電気がすべて熱変換され、食品が自ら発熱する加熱方式です。食品全体に電気が流れる事で熱交換器と比較し、短時間で加熱処理が可能です。
製品特長② “二酸化炭素削減”熱媒(蒸気)を用いない新世代型加熱方式です。ボイラーの稼働を低減し製造工場での温室効果ガス排出を削減します。再生可能エネルギー(グリーンエネルギー)を併用する事で排出ゼロとする引き合いが多数寄せられています。
製品特長③ “固形物含有・高粘性食品でも”ポテトサラダやゴボウサラダ、惣菜パン用フィリング、大根おろし(無添加)、バラコ、おにぎり具材等の既存技術では加熱困難な食材も連続加熱処理しています。
製品特長④ “用途に合わせた多様なジュール装置”飲料・低粘性食品・高粘性食品・固形物含有食品・増粘性食品・フラワーペーストなどそれぞれに適したジュール加熱装置をラインナップしています。弊社つくば研究所ではテスト装置を準備しています。ジュール加熱処理と既存処理での品質の違いをお確かめください。新製品開発への一手となるものと自負しております。
製品特長⑤ “消費期限延長・生産性向上・環境改善” 食品ロスや流通問題の対策として近年では賞味期限の延長を目的とした引き合い・導入が増加傾向にあります。加熱処理できないような食品もジュール加熱では品質・食感・風味・色合いを劣化させずに処理することが可能です。バッチ処理ではなく、連続加熱処理しCIPに依る非生産時間を短縮することで製造効率は改善されます。また、既存の加熱装置よりも放熱や蒸気発散が少なく、製造室内の高温多湿環境を改善することができます。天井壁のカビ発生を抑制し衛生的な製造現場へ、そして職場環境改善に貢献できます。
出展社ページへ戻る