製品情報

ロボ・ケーサー(MKD-Rb)

「2L1C(2line 1caser)」のコンセプトを掲げ、異なる箱サイズや異なる製品の混在生産を実現。
供給装置やマガジンを増設する事により、複数ラインの製品を同時にケーサーに流すことが可能に。

製品カタログあり
FOOMA JAPAN 初披露
新製品

製品・技術・サービスの概要

多関節ロボットを2台用いてケースの取出しから封緘までを一連で行うコンパクトなロボ・ケーサー

本製品にマガジンや供給装置を増設する事により、異なる箱サイズや異なる系列の混在生産が可能となります。(オプション装備が必要です。)
今までは1ラインに1台必要とされてきた段ケーサーですが、複数ラインの商品を1台の段ボールケーサーに集約することが可能となるため、スペースの問題を解決し、コストダウンも見込まれます。
また、異品種の段ボールケースを製函、製品挿入、封緘できるオートサイズチェンジ機能を搭載。
多品種小ロットの対応も可能です。
展示機では、単体生産のデモ運転を行います。

製品の特長

製品特長① 【2L1C(2line 1caser)】供給装置やマガジンを増設する事により、異なる箱サイズや異なる製品の混在生産を実現します。  複数ラインの製品を同時に1台の段ケーサーに流して梱包する事が可能となりました。  製函、封緘部は自動でサイズが可変します。(展示機は単体生産のデモ運転となります。)
製品特長② 【オートサイズチェンジ機能搭載】タッチパネルにW・H・L寸法を入力するだけのオートサイズチェンジ機能を搭載。  型替えの作業時間が短時間となり、変更ミスが生じません。
製品特長③ 【コンパクト設計】多関節ロボットを用いてケースの取出しから製函までを一連で行うため、コンパクトなケーサーの 実現が可能となりました。据付スペースは同仕様機の約2/3で設置可能となります。
製品特長④ 【供給パターン】多関節ロボットを利用する事で様々な供給方向・供給段数に対応する事が可能です。  お客様の製品特性に合わせて、細部まで対応致します。
製品特長⑤ 【ユニット販売可能】製函機(製品挿入機)、封函機、それぞれのユニット販売が可能な設計にしております。
出展社ページへ戻る