製品情報

3Dパック定量スライサー”ゼウス”

第1回FOOMAアワード 優秀賞に選出!
バラ、ロース等の薄切り肉を高速定量スライス
定厚、定量、パック定量にも対応

製品カタログあり

製品・技術・サービスの概要

これからのスライス肉トレイ盛付は重量調整不要、手直し不要

3Dパック定量スライサー”ゼウス”は厚みを揃えて切る【定厚モード】、1枚重量を揃えて切る【定量モード】に加えて、
1パックあたりの重量を揃えて切る【パック定量モード】を搭載。
作りたいトレイ盛付商品の重量を設定する事により、必要な枚数を自動的に排出。
更に、設定した厚みに対して食感が変わらない程度のミクロ単位の厚みコントロールを行う事により、±5%の重量精度を実現しました。

製品の特長

製品特長① 厚みを揃えて切る「定厚モード」、1枚あたりの重量を揃えて切る「定量モード」に加え、 1パックあたり重量を揃えて切る「パック定量モード」の3つのモードが選択可能。
製品特長② 重量測定や3D非接触測定による形状認識など、リブラシリーズで確立した技術を導入。 重量精度±5%。(パック定量時は1パック5枚以上時) これによってパック商品づくりには必須だった重量合わせや手直しを行うことなく、トレイに盛り付けるだけで美しい商品づくりが可能に。
製品特長③ 肉箱周辺の構造を変更、肉クズの発生を抑え、99%以上の歩留まりを実現。新開発のはがし機構を丸刃に搭載することによって、スライス肉の伸びを防ぐと共に コンベアへの鱗列が更に美しくなり、盛付け商品の出来栄えも向上。
製品特長④ コンベア幅340㎜×1のシングルと、160㎜×2のデュアル、2つのラインナップ。 デュアルタイプはコンベアが個別制御なので、2本それぞれの定量性の確保や、種類や形状が 異なる原料でも一度に定量スライスが可能。設定も左右個別に行えるので、薄切り厚切りを 同時に行うなど、新たな商品づくりやオペレーションを実現します。      
製品特長⑤ 当社製品、自動盛付ロボCM-230[スコーピオン]と連結することにより、盛付け作業も 自動化。さらに包装、値付機と連結できるので、これによってスライス肉の定量パック 商品づくりは原料投入を行うだけで出荷工程までを自動化する事が出来ます。
出展社ページへ戻る