出展について

「食の技術」の総合トレードショーにふさわしく、食品製造現場の川上から川下まで、あらゆる分野の製品・技術・サービスが出展の対象です。

出展分野

  • 原料処理

    混合・攪拌・混練機、粉砕・分級・造粒機、ふるい機・網、乾燥機、殺菌装置、熱交換機、脱水機、ニーダー、ホモジナイザー、開袋機など

  • 食品製造・加工

    • [菓子・パン]

      オーブン、ミキサー、焼成機、成形機、デポジッター、ドゥコンディショナー、蒸し器、包・製あん機、コーティング機、テンパリング機、スライサー、製パンラインなど

    • [食肉・水産物]

      スライサー、カッター、チョッパー、ダイサー、テンダーライザー、ミキサー、成形機、ソーセージ・ハム充填機、ハンバーグ成形機、インジェクター、スタッファー、タンブラー、魚体処理機、燻煙・熟成室など

    • [麺類]

      製麺機、即席麺製造プラント、パスタ製造機、餃子・ワンタン・焼売・包子製造装置、茹上機など

    • [惣菜・調理食品]

      オーブン、フライヤー、炒め機、ロースター、蒸し機、焼成機、加熱攪拌機、炊飯機、形成機、粉付機、寿司・おにぎり製造機器など

    • [飲料・乳製品]

      飲料プラント、濾過装置、果汁飲料製造装置、搾汁機、飲料充填機、飲料滅菌装置、濃縮装置・乳化装置など

    • [農産物]

      野菜・果物洗浄機、精米機器、洗米機、カッター、スライサー、千切り機、皮むき・芯取り機、選別機、異物除去装置など

    • [豆腐]

      豆腐プラント、豆乳プラント、脱臭機、フライヤー、油揚製造機、湯葉製造機、焼豆腐製造機、豆腐用型箱、納豆製造機など

    • [発酵・醸造]

      蒸留装置、圧搾機、均質機、乳化装置、発酵用タンク、発酵室、製麹機など

    • [その他食品]

      割卵機、ゆで卵殻剥機、油濾過機、油塗装置、食品用印刷機、高圧食品製造機など

  • エンジニアリング

    工場設計・設備エンジニアリング、HACCP管理、植物工場、RFID、トレーサビリティーなど

  • ロボット・IT・IoT・フードテック

    ピッキングロボット、パレタイジングロボット、協働ロボット、自律移動ロボット、ロボットアーム・ハンド、システムコントローラ、IO-Link、AI、IoT/M2M、食品工場用ソフト・システム、システムインテグレーション、スマートキッチン、キッチンOS、フードロスシステム、代替技術、フードデータなど

  • 鮮度管理・品質保持

    予冷・冷凍・冷却・凍結装置、解凍装置、チラー、冷蔵・保冷庫、貯蔵設備、紫外線・オゾン応用装置、殺菌・滅菌装置、空調装置など

  • 包装・充填

    各種包装機器、充填機、計数・計量機、結束機、シーラー、インクジェットプリンター、印字機、ラベルシール機、包装資材など

  • 保管・搬送・移動

    コンテナ、コンベア、ベルト、チェーン、リフト、選別機、運搬車両、ホース、ポンプ、タンクなど

  • 計測・分析・検査

    計測機器、分析機器、検査機器、検出機器、測定・試験機器、画像処理機器、センサー、異物検査・除去装置など

  • 衛生対策・管理

    施設・容器・器具洗浄機器、機能水生成装置、クリーンルーム、シートシャッター、ユニフォーム、異物・害虫混入防止機器・装置、洗剤・薬剤、衛生資材など

  • 環境対策・省エネ・リサイクル

    排水処理装置、エネルギー有効利用システム、ごみ処理装置、 省エネ機器・設備、省エネ技術、省エネソリューション、コンポ スト化機器・システム、乾燥機、再資源化処理装置・技術、減 容機器、リサイクル機器、汚泥処理装置・技術など

  • 設備機器・技術・部品

    ボイラー、バルブ・継手、ノズル、タンク、ホース、モーター、潤滑油、添加剤、熱風発生機、膜および膜利用技術、フィルター、床材、監視カメラ、LED 照明など

  • コンサルタント・特許

    商品開発、衛生管理、食品施設、食品表示、品質表示、HACCP、廃棄物処理、食品安全、エネルギー・特許情報配信、特許移転、最新特許開示など

  • 情報サービス・団体

    新聞・雑誌・書籍・映像、調査・研究・試験、団体・機関、自治体など

出展申込

1.FOOMA JAPAN 2022 出展スペースタイプ・出展料

出展スペースタイプは、タイプA(1単位)からタイプH(12単位)の6種類です。

*「単位」とは、タイプA(約7.5m²)を1単位とした各出展スペース規模の単位です。※サイズは、システム寸法(芯々寸法)となります。

タイプ単位*サイズ料金(消費税10%込)
A 1 2.970m × 2.475m ¥297,000
B 2 5.940m × 2.475m ¥594,000
D 4 5.940m × 4.950m ¥1,188,000
E 6 8.910m × 4.950m ¥1,782,000
G 9 8.910m × 7.425m ¥2,673,000
H 12 11.880m × 7.425m ¥3,564,000
出展料に含まれるもの

❶出展スペース
❷基礎壁面(システムパネル) ※スペース渡しのブースには基礎壁面(システムパネル)を設置しません。
❸単相100V/0.3kwまでの電気一次幹線工事
❹共用施設の工事費および維持費
❺広告宣伝費(ポスター、開催案内セット)
❻来場者サービスに関わる費用
❼安全管理費、要員費、警備費

出展料に含まれないもの

①自社出展スペースの装飾等、運営費、展示物の運搬費
②電気、給排水、ガス、エアの自社ブース内二次工事費および使用料
③自社出展製品、機器等に付保した損害保険料
④展示、実演および搬入出作業中に発生した対人障害、物損事故等に係わる費用
⑤法令および規約・規定に基づく展示装飾

スペースタイプの形状

配置位置による開放面について

*タイプA~Dは原則1面開放。
*タイプE以上は原則2面開放となります。

配置位置による変則について

* 配置位置によっては下図のように間口寸法・奥行寸法が変わる場合があります。この場合でも面積は変わりません。

スペースタイプの形状

トラックヤード側への配置について

*トラックヤード側へ配置された場合は、スペース渡しとなります。
*会場レイアウトおよび会場の建築構造の都合上、変形スペースになる、またはスペース内に会場の柱が入る場合があります。この場合はタイプ毎の面積に応じた出展スペースとなります。 *会場レイアウトおよび会場の建築構造の都合上、ガス 配管取込口が出展スペース内に含まれる場合があります。

2.出展申込受付

(1)出展申込受付締切日

出展申込受付締切日は下記の通りです。出展申込受付は先着順ではありません。右記締切日までにFOOMA JAPAN運営事務局(以下、運営事務局)まで〈出展申込書〉と〈出展製品通知書〉を提出してください。なお、受付期間締切日の当日消印有効として受付けます。

一般出展申込受付締切日
2021年11月8日(月) (11月8日消印有効)

*「単位」とは、タイプA(約7.5m²)を1単位とした各出展スペース規模の単位です。※サイズは、システム寸法(芯々寸法)となります。

(2)出展申込受付

出展申込書と出展製品通知書は必要事項を明記し、社判、代表者印、担当者印の3か所に必ず捺印のうえ、運営事務局へお送りください。捺印がない等、書類に不備があった場合は受付できません。なお、出展申込書と出展製品通知書は配送事故に備え、必ず配送状況が確認できる手段でお送りください。電話、FAX、メール、持参での受付はいたしません。

①出展申込書に1.の「FOOMA JAPAN 2022 出展スペースタイプ」の6種類のタイプの中から、ご希望のタイプを1つ選択し記入してください。
②ご希望の出展スペースタイプをご用意できない場合があります。申込タイプ以外での出展が可能な場合は、「下記タイプでの出展可」および出展可能タイプにチェックをしてください。希望申込タイプ以外では出展しない場合は、「希望申込タイプ以外では申込辞退」にチェックしてください。この場合、解約料は不要とします。
③〈出展製品通知書〉を出展申込書とともに必ずお送りください。
④出展申込受付締切後、出展製品・サービス、出展規模、過去の実績、必要とする設備・附帯事項などを考慮して、主催者により出展社を決定します。

(3)出展申込の確定

運営事務局から承認印を押印した受理書をお送りすることにより、申込が確定します。

(4)申込先

FOOMA JAPAN 運営事務局
〒108-0023 東京都港区芝浦3-19-20 ふーまビル3F

3.開放型(角小間)スペース指定のエントリー

①スペースタイプBとDに限り、開放型(角小間)スペース指定へのエントリーを受付けます。
②開放型(角小間)スペースは会場レイアウト上、設置数に限りがあります。
③決定時期は出展社説明会時となります。
④開放型(角小間)スペースへの配置が決定した場合には、開放型(角小間)スペース指定料を出展社説明会後に追加で請求いたします。
⑤開放型(角小間)スペース指定料

※スペースの位置によっては、開放面が変わります

4.共同出展

申込が1社で、その出展スペースを共同で複数社が使用する場合を共同出展と呼びます。出展申込社は、共同出展する社名等を申込時に運営事務局へ通知するものとし、以下の条件を遵守しなくてはなりません。

①出展スペースは、出展申込社のブースであることを主催者が明瞭に判別できること。
②出展スペースを区切ったり、独立した形にならないこと。共同出展社名が出展申込社名よりも目立つ表記にならないこと。(このような場合は、当該スペースについて、転貸、転売、譲渡があったこととみなします。)
③事前に図面を提出し、運営事務局の許可を得ること。この場合の共同出展社名は、出展申込社に従する形で公式印刷物や公式WEBサイトに掲載されます。なお、出展社に配布・支給される物品は出展申込社に対してのみとなります。

※複数の出展社がそれぞれ単独で申込み、それぞれの出展スペースを接合して使用することを希望する場合、その合計した出展スペースは 1.の「FOOMA JAPAN 2022 出展スペースタイプ」で定められたタイプに限ることとします。この際、申込時にそれぞれの出展社は、合計した出展スペースのタイプ、自社が使用する単位数に基づいて計算した金額を出展申込書に記入して申込むこととします。但し、上記の申込は、申込期間と出展料金が異なることのない正会員同士、賛助会員同士、一般同士に限ります。

5.出展料支払い期限

2022年1月31日(月)

6.振込先

みずほ銀行新橋支店 普通口座 795164
名義:一般社団法人 日本食品機械工業会
住所:〒108-0023 東京都港区芝浦3-19-20 ふーまビル

出展に関する詳細は、
出展規約をダウンロードしてご確認ください。