オープンイノベーションへの取り組み

スタートアップゾーン新設!

詳細はこちら

Restart FOOMA

世界が、アジアが、そして日本が、ニューノーマル社会への変革を求められています。
生活者の食を取り巻く環境にも、食シーンを進化させてきた食品産業にも変革の波が押し寄せています。
時代が大いなる転換期にある今、
FOOMA JAPANはイノベーションの基点となるべく2022年、Restartします。
新たな幕開けにふさわしいイノベーティブなプロジェクトも始動、ご期待に応えていきます。

FOOMA JAPAN 2022は
3つのRestart

  1. コロナ禍を克服し我が国経済発展のRestart
  2. 東京ビッグサイトでの大規模展示会としてRestart
  3. 世界一の食品製造総合展を目指しさまざまな企画を満載して
    ニューノーマル時代に相応しい革新的な提案をしていくRestart

主催者メッセージ

 新型コロナウイルス感染拡大で影響を受けられた皆さまに、慎んでお見舞い申し上げます。一日も早い収束と、皆さまのご健康ご安全を心よりお祈り申し上げます。45回目となるFOOMA JAPAN 2022は、3年ぶりに会場を東京ビッグサイトに戻し、6月7日(火)~10日(金)の4日間の会期で開催いたします。
 FOOMA JAPAN 2022は、“Restart FOOMA” を開催テーマに掲げました。コロナ禍を克服し我が国経済発展の「Restart」、東京ビッグサイトでの大規模展示会としてFOOMA JAPANの「Restart」、そして世界一の食品製造総合展を目指し様々な企画を満載してニューノーマル時代に相応しい革新的な提案をしていく「Restart」です。皆さまにおかれましても新たな時代における最新技術の発表の場として本展を積極的にご活用いただきたいと願っています。また、出展の皆さまの技術開発の一層の促進を図るべく、優秀な技術研究・開発の成果を顕彰する「FOOMAアワード」を創設。我が国食品機械産業及び食品産業全体の発展に寄与してまいります。
 FOOMA JAPANではバーチャルやインターネットを活用したWebプロモーションや各種マスコミへのアプローチによって多くの来場者勧誘を積極的に行ってまいります。そして省人化、自動化、無菌化、ロボットやAI、食の衛生管理など、食シーンの多様性に応える最先端の製品・技術・サービスを集結した総合展示会として、食品産業全体の「新たな出発」を共に拓いて行こうではありませんか。
 新しい時代に対応する気付きの場FOOMA JAPAN 2022へ多数ご参加いただきますよう、お待ちいたしております。

 新型コロナウイルス感染の拡大により影響を受けられた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。一日も早い収束と、皆さまのご健康を心よりお祈り申し上げます。
 FOOMA JAPAN 2022は“Restart FOOMA”をテーマに東京ビッグサイトで新たに幕を開けます。食品製造に関する課題であればどんなことでもソリューションが得られる場、それがFOOMA JAPANの目指す姿です。出展社様の製品やサービスの魅力が最大限に発揮され、来場者の皆さまが食品製造の理想に気付ける食品製造総合展にしていくことが私ども展示会実行委員会のミッションと心得ています。
 2022年はFOOMA JAPANが今までにない出展価値を提供するべく、新たな取り組みを加速させていきます。2021年にトライアル実施したヴァーチャル展をバージョンアップさせる他、展示会会期中はもちろんのこと展示会会期前から来場者の皆さまにさまざまな情報を提供するFOOMAアプリの導入、優れた研究開発の成果を表彰するFOOMAアワードの創設、オープンイノベーションの一環としてスタートアップゾーンを新設するなど出展価値を向上させる取り組みを実施します。
 アジア最大級の国際食品工業展から、食品製造に関するあらゆるソリューションが集結した世界一の食品製造総合展へと進化させ、出展効果を最大限発揮することが出来るよう、私どもはこれまでにも増して、その責務を果たしてまいります。是非、本展にご出展くださいますようお願いいたします。

新規プロジェクト

FOOMA JAPAN 2022から
イノベーティブなプロジェクトが始動

FEATURES 01


スタートアップゾーン新設!

次世代ビジネスの創出を促進し、新たな協業、新規開拓、共同研究、開発のヒントを得る場となることを目的とした「スタートアップゾーン」を新設。
AIやIT分野も含めた多数のジャンルを出展対象とし、食品製造業全体のイノベーションへと繋げていきます。

スタートアップゾーンの詳細はこちら

FEATURES 02


FOOMAアワード創設!

食品機械産業および食品産業の振興に寄与し、国民の食生活の豊かさに貢献することを目的に、優秀な技術研究・開発の成果を顕彰し、その技術の利用促進を図っていきます。
詳細は決定次第発表します。

FEATURES 03


FOOMAアプリ導入!

モバイル時代に呼応し、出展社と来場者の繋がりを強固にするためにさまざまな出展社情報を来場者に提供します。
出展社は商談やカタログ請求などを通じて顧客創出へと繋げることができます。

出展効果

出展目的を達成できる高い効果と
出展社の手応えを実現

食品製造・販売に関わる意思決定者が多数来場

大多数の出展社が出展の手応えを実現

出展効果を
高める施策をご用意

ハイブリッドFOOMA JAPAN

リアル展示会と公式サイトWEB展の相乗効果で会期後も出展効果を継続。
会期前から公式サイトで出展製品の情報を公開し、出展社ブースへの誘引をはかります。

出展社プレゼンテーションセミナー

自社の技術、ソリューションを来場者に直接アピールできるセミナーを開催。

FOOMAコレクト

来場者情報をリアルタイムに営業活用することができる出展効果向上サービスを提供。

開催概要

名 称

FOOMA JAPAN 2022( 国際食品工業展)

目 的

食品機械・装置および関連機器に関する技術ならびに情報の交流と普及をはかり、併せて食品産業の一層の発展に寄与することとし、「食の安全・安心」に関心が高まる中、食品機械の最先端テクノロジー、製品、サービスを通して、「食の技術が拓く、ゆたかな未来」を提案する。

会 期

2022年 6月7日(火)~10日(金) 4日間

時 間

午前10時~午後5時

会 場

東京ビッグサイト 東1~8ホール

テーマ

Restart FOOMA

主 催

一般社団法人 日本食品機械工業会

後 援

経済産業省/農林水産省/厚生労働省/東京都/日本貿易振興機構( 順不同、予定)

[会場] 東京ビッグサイト 東展示棟 1~8ホール

2021年開催レポート

FOOMA JAPAN 2021
会期中リポート動画

FOOMA JAPAN 2021総集編動画

FOOMA JAPAN 2021 来場者数